ジモト




Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004/04/28

IT化

近い将来、生まれてくる子孫にチップを埋め込まれる時代がくる。絶対に。
ペットの皮下に戸籍情報 無責任飼育、チップ義務化検討

2004/04/24

きらきら星

娘が1番をフルコーラスで歌えるようになった!
「イヤだ」もはっきりきっぱり言うし、自己主張も強くなった。本だって読んでもらうのを楽しみにしているし、保育園ではきちんとオリコウサンしているみたいだし。使い分けているというか、彼女なりに社会性を身につけているんだなぁとカンシン。

このところの休日は、娘と二人で濃い時間を過ごしている。束縛はされるが、楽しいひととき。楽しめるのもシゴトあってのことだと思うが。毎日のことになってしまうと本当に大変だと思う。育児支援は本当に必要。世の専業お母さん方は大変だ。

お前の発言が残念でならない

「米国のパウエル国務長官らが5人を高く評価しているのに、小泉純一郎首相や福田康夫官房長官が心無い発言をしたため、海外では『いじめ』とまで評されている」という発言の民主党達増拓也氏、自国の首相の発言よりもアメリカの国務長官の発言を尊重するのか?だったら向こうの国の代議士になればいい。もしくはパウエルの代議士になればいい。あなたは日本国民の代議士ではないのか?
どうしてパウエルの発言に、こうも日本人は(代議士ともあろう御方までも)右往左往してしまうのか。日本人としての(日本人の代議士としての)発言が、どうしてできないのか。本当に情けないし、与党への批判の意味を込めての発言だったにせよ、それが野党第一党の議員先生の発言というのは、本当に涙が出るくらい情けないことだと思うのだが。

バッシングは残念で遺憾 人質事件で逢沢副大臣

まぁ、いずれにしてもバッシングや嫌がらせは止めた方がいい。議論はすべきだが、生卵投げつけるのは大人げない。

別に3人の志を否定しているのではない。結果・顛末に納得いかないだけなのだ。何と言われようと、我々の税金が彼らに使われたのだ。「キャパは許されて3人が許されないのはおかしい」という論客もいるが、戦場で殉死したキャパと3人の決定的な違いは、3人が国家に救出されたという点にある。

同胞として、彼らの志は称賛に値する。しかし顛末には納得がいかない、そういうこと。侵略戦争の片棒担いでるパウエルごときに言われなくても、3人の志は国民から全否定されているわけではないと思うが。

解放3人診察 斎藤 学氏に聞く

2004/04/21

無目的は悪?

「彼らは明確な目的を持ってイラクに向かった」
明白な目的があれば、一国の国政を直接揺るがすような無謀な行動をとってもいいのか。同様のロジックでいけば、明白な目的があればテロだって許されてしまうのだ。目的の有無は、行動の善悪には関係ない。目的があればその行動は善で、無目的だったら悪とは限らない。

政府・小泉政権は自国の立場を考え、国際情勢を見据え、熟考に熟考を重ね、自衛隊という軍隊をよその国に送り込んだのだ。人道支援という明白な目的があるが、それでもなお善し悪しについては未だに議論が続いている。
拘束され釈放された英雄気取りのNGO某氏は、それだけ先を見通して戦地へ赴いたのか?命の保証がないことを承知で戦地へ向かったのか?だったら何故、おめおめと生きて帰ってきたのか?
命の保証がないという状況を認識せず、死んでも構わないという決意がないままに戦場へ向かったならば、やっぱり無謀だし政府の怒りごもっともだ。

いくつかの国は、もうイラクから撤退し始めている。政府だって、自衛隊を派兵して負うリスクも承知しているはず。もう、テロという無差別攻撃の対象になっているのだ。いわれもない宗教戦争・アメリカの代理戦争に巻き込まれる覚悟で自衛隊を送り込んだのだ。この国で、多くの市民の血が流れる可能性があることを承知で侵略軍を送り込んだのだ。

何某氏には、それだけの覚悟があったとは到底思えないのだが。
それでもなお「(自己責任論は)全く的外れの批判。事件の根本的な原因は自衛隊の“派兵”にある」と言い切るのか?

自己責任論は「的外れ」

それともう一つ、役人を動かすということ、国を動かすということは、我々の血税が多く投入されていることに気付いて欲しい。数十万の一部費用負担に「まけて」もらっているのだから、それにも感謝するのがスジではないか。どこかで「自国民が何らかの事件事故などに巻き込まれ命の危険が迫っているとき、国家が彼らを守るのは、国家と国民の間の契約だ」という記事をみた。確かに今回の人質事件で国家は国民との契約を遵守した。その役人魂には黙って頭を下げたい。

冷めやすさ

おいおい、こいつは日本人をバカにしてるのか?
賄賂もらっといてさんざん叩かれて、それでも国政に復帰しようとしているなんて…。

ムネオは北海道選挙区…参院選出馬、GW明け正式に

いくら熱しやすく冷めやすい国民性だからといって、こいつだけは許されんだろ。

リンゴ

小学生の頃から、ずーっと世話になっていた。文系の私にもわかりやすい科学雑誌。
リンゴがトレードマークの憎いヤツ。

科学雑誌「ニュートン」編集長の竹内均さんが死去

ご冥福をお祈りします。

2004/04/20

フトコロ

楽しいが、我が国でやったら糾弾の対象になることは間違いなし。まじめなヒトが多い国だからね。

パロディー新聞『オニオン』の記事を真に受ける人々(上)

2004/04/19

曲名検索

15秒間も拾えれば、ほとんどの場合曲名くらいわかると思うのだが…。
まぁ、楽しげなサービスではあるがビジネスとしては消え去っていく予感。

携帯電話を音楽に近付けると曲名が分かるサービス

英シャザーム・エンターテインメント(Shazam Entertainment)社の技術ってのが実は効率的なディスカッション手法に関するものであって、電話口の向こうで、アルバイトな方々が「あれじゃねーの?」「いや、これだろ?」みたいな激論が繰り広げられていたりして。
だったら、1$/曲は安いかも…。

運転音楽

クラシックが危険なのは、心地よくて居眠り運転が頻発するからかと思っていたが。クラシックで心拍数が上がるというのはトリビア。

ドライブするとき危険な曲――第1位は意外にも……?

私のお気に入りクラプトンの新譜と、娘のお気に入りUAの「うたううあ」が入っていないのでホッと一安心。

2004/04/18

カラカイ

被疑者は軽い気持ちだったのかもしれないが、被害者は死んでしまった。未成年だからって、許されていいものだろうか?
「飛び降りれば上着返す」とからかわれ小2が転落死

2004/04/16

ベルリンのラブパレード、今年は中止の方向へ

75万人を集めるテクノミュージックのイベントって、すごいと思うのだが。このイベントを今まで知らなかった自分もすごいが。

たまには

いい記事だ。結果の重大性を指摘し、「3人が自ら招いた危機が、自衛隊の撤退という一国の姿勢と秤(はかり)にかけられた。人命か国策かという重い命題が、あまりにも軽い行動からもたらされたことに、だれもが戸惑った」という下り、実際にとまどったかどうかは別にして、しかし議論が起こったことは事実。ジャーナリストが死をもいとわず戦争報道に徹する姿勢は、我々多くのフツーの人々にしてみれば「スゲェ」ことだが、アホな3個人に国家の命運が左右されたかもしれないという事実は否定できない。

軽い行動、重い責任

もしかしたら、この国の終焉はこんな始まりなのかもしれない。

窓達へのコダワリ

やり方がすごい。世界中で裁判を起こすとは…。
しかしそんなにWindowsという名前に執着しているのかねぇ。確かに似ているが、間違えてLindows買っちゃう人なんていないと思うが。

リンドウズ、MSに屈し『リンスパイア』に改名

深夜のコンビニでOSが売り出されたときには、「一体誰が買うんだろう?」と思ったが、やっぱり今ではどこにも置いてないよな。

2004/04/15

キキココ

キノコが大好きな娘、食事に入っているエノキダケやら椎茸やらをみつけると「キキココ!」
誰かが教え込んだに違いない。かわいいのでしばらくこのままで…。
ちっちゃいのは「あかちゃん!」だって。親馬鹿御免。

買うものではなく

「コピーライト」の考え方や、ソフトウェア文化の発展を視野に入れているあたり、(ビジネスの対象としてではない)本来的なコンピュータのあり方・電子計算機のあり方を提示していると思う。
プログラムがブラックボックス化しているからこそ、悪意を持ったクラッカーはそこを狙って悪さを試み、M$は月例で「脆弱性」という名の恥さらしを続けなければならないのだ。
オープンになっていても、悪意を持ったクラッカーたちの攻撃を避けることはできないが。

【特集】History of GNU - GPLとはなにか

無料であっても素晴らしいソフトウェアはたくさんあって、ライセンスフリーなものであっても素晴らしいOSはたくさんあるということを、世の中の人たちにもっと知ってもらいたい。ソフトウェアは買うものではなく作るものだということを、世の中の人たちにもっと知ってもらいたい。

#そんな時間すらない、共働きの一児の父という立場も知ってもらいたいが…。

2004/04/14

除草

確かに芝を手で除草するのはかなり手間。しかし、それを枯れさせる除草剤の方が、遺伝子組み換え芝よりも恐いと思うのは、狭い島国日本の国民だからだろうか…。

遺伝子組み換え芝に政府機関からも慎重論

サーバーのシゴト

「仕事を効率よく進めるために、一般ユーザーといえども、サーバーについて理解することが欠かせなくなってきた」そうだが、サーバーについて理解しなければいけないとなると、私の周りは誰もパソコン使えなくなっちゃうな。だいたいそんなシステム作る方が間違ってるんだよ、きっと。

デジタルARENA / もう職場で困らない!基礎から学ぶWindowsサーバー

思うに、みんなパソコンに翻弄させられすぎ。シゴト時間のどのくらいをパソコンで費やしているのだろう。

ぼちぼち時間切れだっけ?

イラクで人質にされた日本人3人。リスク承知でわざわざ戦地へ行っているのだから、「捕まろうが殺されようが知ったこっちゃない」という為政者の姿勢もわからないではない。先日殺された大使館職員はシゴトで文民として戦地へ赴いていたわけで、意味合いが全然違う。

asahi.com : ニュース特集 : イラク邦人拘束

これで武器持ってシゴトしに行ってる自衛官に死傷者が出たら世論はどうなるだろう。飲み水を確保するとか学校を再建するとかキレイゴト並べてるけど、彼らの姿はどう見たって軍人だし、肩に背負ってるのは人を殺すための武器なんだし。当然殺されても構わない覚悟で行ってるんだよな、自衛隊。

2004/04/10

進歩

10年前と現在のヒットチャート、音を聞き比べても何ら変わりはない。そんな気がするのは自分が歳をとったからだろうか。しかし、今でもギター覚えたて中学生のアイドルはX JAPANだったりするわけで、「紅、マジスゲーよ」「ヨシキのツーバス、どーやってんだ?」という会話が飛び交い、ぼろぼろのライブビデオがバイブルだったりするのだ。尾崎豊は死んでも尚少年たちの心をつかんで放さず、ミスチルやB'zは未だにヒットメーカーとして君臨している。

THE HIT CHART TOP

音楽業界の冷え込みが取りざたされて久しいが、結局のところ、何ら劇的な進歩がないから、真新しさ・斬新さがないから、刺激がないから飽きられてるだけなのではないだろうか。この10年間でコンピュータが普及し、アダルトビデオがアヤシゲな動画ファイルに代わり、テレビそのものだって見られる時間が少なくなってきている。外に出れば携帯電話で友人たちとのメールにいそしみ、ヘッドフォンステレオすら使う人が減ってきている印象。私たちの時間はケータイとインターネットに使われていて、テレビやステレオに割かれる時間は確実に減少している。

CDの売り上げ減少は違法ファイル交換が主な原因ではなく、こんな時代にあってもヒトの心を引きつけられるだけのチカラのある音楽が生まれてきていないだけではないだろうか?

「音楽の売上減少に、ファイル交換の影響はなし」--米調査

2004/04/04

依存症からの脱却

気合いと根性でタバコから脱却するのは、やっぱりかなり難しいんだよな。私自身はタイミングと気分で禁煙できたけど、やっぱりレアケースらしい。
未成年にタバコ止めさせるにあたっては、少なくとも禁煙外来くらいは使わせてもらいたいなぁ。我々も大変だが、彼らも相当辛かろうに。

タバコや薬物の依存症をワクチンで治療

…しかし、タバコ吸っても満足感が得られないのなら、そんな薬服用しなくなるのがオチだと思うが。どんなに医療・医薬技術が進歩しても、最終的には止めようという意志の問題だと思う。精神論とか根性論ではなくて、モチベーションの問題として。

禁煙関係で。
まゆみ先生の禁煙外来
インターネット禁煙マラソン

2004/04/02

過ぎたが…

あればいいなと思ったこともあったようななかったような。毎年楽しませてくれています。

窓の社 - 【Review NEWS】シュレッダーにかけた書類を元に戻すときの道具「服元」

ここら辺も。
Y!ニュース - Yahoo!ばぶばぶスタート


« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »