ジモト




Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 選挙 | トップページ | ケータイは非行の始まり »

2004/06/24

情報化社会

学校の先生も大変だ。

例題に「殺して山分け」 小6担任教諭を厳重注意

こんな世の中で、子どもに正義を教えられるのか?
小学生が殺人事件を起こしたことは、おそらく半数以上の小学生が知っているはず。この程度の授業内容で抗議するオトナがいて、またそれを真に受けているオトナに教育をさせているようでは、子どものしつけ何ぞできるわけがない。どうやってカッター少女の事件を子どもたちに説明しようと言うのか。きちんと説明し、彼女の行動がヒトとして間違っていることを全員にきちんと説明しなければ、同じような事件は必ず繰り返されるし、犯罪の低年齢化に歯止めをかけるコトなんて絶対にできない。情報は生徒の耳に目に、あたかもその場にいるかのようにリアルに入り続けているのだ。

事件の核心部分を避け続けて、どうやって「命の大切さを教えている」のか説明して欲しい。

« 選挙 | トップページ | ケータイは非行の始まり »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4829/833952

この記事へのトラックバック一覧です: 情報化社会:

« 選挙 | トップページ | ケータイは非行の始まり »