ジモト




Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004/08/31

クラゲ

新しくなった江ノ島水族館に行ってきた。建物はカンペキにリニューアルしていたけれど、ある種のテツガク的趣は相変わらず。特にクラゲに対する深い愛情と思い入れは、他の水族館と一線を画すのではないだろうか。

クラゲの美しく無駄のない姿から、命の誕生の不思議、生きるために必要なこと、死なないためにすべきことなど、わたしたちに大切なさまざまなことが発見できます。」(パンフレットより)

クラゲの姿から、人間が生きるために必要なことを学べるかどうかは別にして、水槽脇の説明文から、この水族館の姿勢が伝わってくる。

新江ノ島水族館

サメの水槽から。
約400種類のサメのうち、ヒトを何度も襲っているのはわずかに4種類。そして、サメに襲われる不幸な事故は地球上で10件程度と説明した上で、
逆に、わたしたちが食べるサメの数は、1年間に何万匹なのか、数えることもできないほどです。
と締めくくられる。キャビアなんて、胎児を食べるよりタチが悪いかも知れない。

早めの夕食はR134ハス向かいの「80℃」にて。旧モスキッチン、旧々モスバーガー。値段は張るが、値段相応の味。
サラダが大盛りで嬉しかった。サメとクラゲは食べなかった。

2004/08/30

過激すぎるが。

やることは過激すぎるが、気持ちはわからないでもない。アメリカはやりすぎている。

“テロおまけ”に米国ア然-メーカー平然と製造

2004/08/28

私的複製

うちの国もCDの私的複製(個人用バックアップ)許可してなかったっけ?

仏予備判事、コピー防止CDめぐりEMI France等の捜査を命令

再生中の渡辺美里「eyes」(1985)には「無断でテープその他に録音することは法律で禁じられています」とあるが、リッピング中のGreen Day「Warning!」(2000)には「個人的に利用することなどの場合を除き、著作権法上、無断複製や…」となっている。調べればわかるんだろうけど、今日は疲れているからまた今度。

少年非行、役所の対応

「憂慮すべき数字だが、相談体制が整ってきたことで、潜在的ないじめが掘り起こされた面もあるのではないか」は甘すぎないか。現実はそんなに甘くない。確実に世の中の少年達は壊れつつある。これだけたくさんの少年事件が起こり、世の中を震撼させているのに、当の少年達を教育する役所がこの程度の認識なのは情けない。「所詮ガキのイジメ」が殺人につながるのは、もうレアケースではなくなった(こんな議論、10年以上前からされ尽くしているはずだが…)。中学生どころか小学生までも、この流れに飲み込まれようとしているのだ。
学校(文科省)がもう少し危機感を持ってくれれば、防げる事件もあるような気がするが。

校内暴力:公立小中高校の暴力行為、3年ぶり増加 いじめも8年ぶり--文科省調査

一方で法務省はこんな見解。文科省よりもはるかに現実を直視している。特に、年齢に下限を設けていないあたり。

14歳未満でも少年院収容可能 法務省が少年法制改正案

警視庁はこんなん。まだ目を通し切れていないが。ここ、なかなかよくまとまっているっぽい。

北の系2004/警察庁資料/少年非行防止法制の在り方について(中間報告)

ちょろっと検索かけたけど、厚労省関係ではあまり見つからず。もしかして厚労省は少年非行対策を次世代育成支援に組み込む程度で済まそうとしているのか? まさかねぇ…。

2004/08/27

1/340,000じゃなかった

ダイジョーブだったみたい、うちは。

ITmedia ライフスタイル:アッカ、34万人分のユーザー情報流出を確認

#だいたい流出したところで、失うものはそれほどないと思うが。我が家の場合は。

新たなディスクの試み(やっぱりCDではないのか?)

例えば、ライブ盤で、表DVDと同じ音源のCDが裏にあったりすると、カーステレオで聴けたりするので重宝するかも。
Eric Clapton / One More Car One More RiderのBOX版なんて、わざわざ同一音源のCDとDVD合わせるために、計3枚のディスクを変なハコにパッケージングしているのだから、いちいちディスク取り出すのが面倒で仕方ない。タダでさえ国内版の訳のわからんパッケージングにはうんざりしているのだ。

4大レコード会社、表がCD、裏がDVDの「デュアルディスク」発売へ
#しかしやっぱりCDマークが付かない(CCCDはCDではないのだ!)のか。

そういえば、両面X層のDVDって見たことないな…。

2004/08/24

アマカッタ

何回も飲んでるはずなのに、甘さに驚くベルギービール。備忘録的に。
//k@i-moderv0sh0008.jpg

2004/08/20

ブラウザ

IEがこれ以上の発展を放棄するならば、他の選択肢も考えるべきでは?
Mozilla Japan
そして、日本人に優しいというところがステキ。「非営利」をどうとらえるかは好きずき。

こいつだって死んじゃいない!

2004/08/17

百足

…に、二本しかない足の指のマタを刺された。場所が場所だけに、腫れてるかどうかもわからない。
//k@i-mode

2004/08/15

オリンピック

Googleもアテネ。

2004/08/13

イイのぉ

そんなふうに歳をとりたい。
ミソジを過ぎた途端に膝痛に悩まされているようでは…。ホント、情けない。

再生中>「I heard my children crying」Lightnin' Hopkins
リッピング中>「TMN TIME CAPSULE (Disc 1)」TM NETWORK
「13,205曲、38.5日、62.25GB」

ようやく終わりが見えてきた。多分今夜中には。
しかし、iTunesはID3タグのVer.1系は保存していないのね。うちのカーステ、タイトルなんかの表示Ver.1系のみらしいんだな、これが。

2004/08/11

シャッフル

iTunes以前から楽しんでいる。確かに聴き方が劇的に変化する。FMのDJだって、ある法則に従って楽曲を選択している(趣味やその日の番組テーマ、スポンサーや局の意向・シガラミ…)わけだし、クラブにしろ同じこと。翻ってシャッフル再生は、手持ちの楽曲も組み合わせ方で広がるし、何と言っても「まず聴かなかっただろうCD」を選択してくれたときの新鮮な驚きといったら…。

『iPod』のシャッフル再生で音楽の聴き方が変わる

ほら、さっきも封を切っていないCD見つけたよ、リッピング中に。

再生中>「別れ話は最後に」サザンオールスターズ
リッピング中>Phil Collins ...HITS
「11,860曲、34.5日、55.68GB」

2004/08/09

新世代パンク、ハイテクを駆使して「ゲリラギグ」を敢行

フラッシュモブの発展型?

新世代パンク、ハイテクを駆使して「ゲリラギグ」を敢行

新しい技術が既存の文化とくっつくと楽しいことが起きる。というか、起きなければその技術は単なる技術で終わり、文化としては定着しまい。

2004/08/07

電車

…といえばこいつだった。かなり寂しい。

緑とオレンジの元祖「湘南色」、半世紀で幕 JR東

「湘南色」? 知らなかったよ、そんな呼び方。

伸びきったカセットテープと新しいアイデア

そうなんだよな、iTunesに「9698曲、28日、45.41GB」と表示されていても、「死ぬまでに全ての曲を一度でも聴くか?」と問われると、何とも答えられない。

中学生の頃はCDやLP何て買えなくて、友人からダビングしてもらったカセットテープを、伸びるまで何度も聴きまくっていた。そんな時代が懐かしい。

渡辺聡・情報化社会の航海図:ビット化の進む音楽業界:プラットホーム化するiPod

しかし、あのサイズにカラー液晶が付いて「映像も…」となると途端に容量が必要になってくる。他にも、

1.チューナー(地上波デジタルテレビ、FM・AMラジオ、短波やBSも入ると楽しすぎる。録画やらエアチェックできたら泣ける。)
2.ケータイ(外で聴いて、Amazonで他のCD注文したり、ライブのチケット取れたらステキ)
3.GPS(後述)
4.入力デバイス(手書きかな?外付け可)

…なんてアイデアが浮かんでくる。ぜーんぶまとめて「HDD付きケータイ」に取り込まれるかな?

5.カーナビとのシームレスな連携
この辺も、車通勤なヒトビトには欠かせない。
「朝の通勤、ガラガラな高速走っているときにはやっぱりHighway Starでしょ!」「渋滞にハマッたらあえてキースジャレット」「夏の暑い日、海岸線を走るときはメリークリスマスインサマー」みたいなエージェント機能は楽しいかも。電車通勤なヒトビトだって「通勤電車に乗った瞬間はボブマーリーでラスタな気分だぜ!」「交差点渡るときはCrossRoadつながり、クラプトンやらミスチルで…」「昼食、マクドナルドでハッピーセット喰ってるときはサミーヘイガー」なんてのもアリ。

6.万歩計
なんてのを付ければ、「ランニング中はあえてBlue Rondo A La Turk/Dave Brubeck Quartetでパニックになる」というのも…。
#アドオンで十分か。

あとは、近くのヒトが何を聴いているのかわかっちゃうような機能も面白いかも。禿オヤジがロックンローラーだったり、若いネーチャンが演歌でビート刻んでたり、小学生がスワヒリ語講座を聴いてたり。チューナーで音飛ばすと問題ありそうだから、CDDBの情報だけがわかるような。相手は特定できなくても、エリアで聞かれている音がわかるだけでも新しいコミュニケーションが生まれるかも知れない。渋谷系(今でもあるのか?)が実は綾瀬で流行っていて、本当は綾瀬系だったりするかも知れない。

アイデアは尽きない。
Bite It:::Whiteout、終了。聴いたことねぇな、このCD。次のアラニスはよく聴いてるが。

CDケース

我が家のCD、リッピングを始めてひと月が経過したが、未だ1/3ほど棚が埋まっている。結局、今のところiTunesで落ち着いているが、相変わらずよく落ちる。CDex(gogo.dll使用)でも落ちまくったので、原因はハードウェア的なものかも知れない。
ファイルサイズが40GBを超えようとしていて、ビットレートを落としておけばよかったとも思うが(160~192kbps、非VBRでリッピング中)、まぁHDDも安くなったし。

#当初はDVDにバックアップしておくつもりだったが、このサイズじゃ、ねぇ。

で、こんな作業していると、こんな作業でもしない限り絶対に聴かなかっただろうタイトルも出てくる。10年ぶりに開けるものもある。古いものうちいくつかは、ケースのまん中のCDを止めてある部分が割れてしまった。というか、たくさん割りまくった。ひどいものだと、開けただけでヒンジの部分が割れてしまう。で、PCの下にたくさんのプラスチックのかけらが散乱している。透明なプラスチックが弱い傾向。黒いのは80年代のものでもほとんどが生きている。20年ものだから仕方ないのかな。

#Blues on the bayou / B.B.Kingをリッピングしながら、何故か聴いているのがヘビメタな「MERRY X'MAS EVERYBODY」だったりする。この季節感のなさもiTunesならでは。

昨日からの夏休み、これで終わらないようにしなければ…。

2004/08/05

ヒジキ

娘、離乳食の頃から食べまくりだった。最近でこそあまり食べなくなったが、いまだに冷凍庫には山のようなヒジキの煮物がストックされている。ダイジョーブかな?

続報:妊娠女性と3歳未満の子どもはヒジキを食べるな

昨晩、死ぬほど痛い腹痛が襲ってきた。上からも出そうだった。子どもたちが「腹いてぇ、セイロガンちょうだい…」とうなっていたのはこれかと思った。多分、風邪か何かだろう。食中毒だったら洒落にならない。

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »