ジモト




Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 過激すぎるが。 | トップページ | 精度の向上 »

2004/08/31

クラゲ

新しくなった江ノ島水族館に行ってきた。建物はカンペキにリニューアルしていたけれど、ある種のテツガク的趣は相変わらず。特にクラゲに対する深い愛情と思い入れは、他の水族館と一線を画すのではないだろうか。

クラゲの美しく無駄のない姿から、命の誕生の不思議、生きるために必要なこと、死なないためにすべきことなど、わたしたちに大切なさまざまなことが発見できます。」(パンフレットより)

クラゲの姿から、人間が生きるために必要なことを学べるかどうかは別にして、水槽脇の説明文から、この水族館の姿勢が伝わってくる。

新江ノ島水族館

サメの水槽から。
約400種類のサメのうち、ヒトを何度も襲っているのはわずかに4種類。そして、サメに襲われる不幸な事故は地球上で10件程度と説明した上で、
逆に、わたしたちが食べるサメの数は、1年間に何万匹なのか、数えることもできないほどです。
と締めくくられる。キャビアなんて、胎児を食べるよりタチが悪いかも知れない。

早めの夕食はR134ハス向かいの「80℃」にて。旧モスキッチン、旧々モスバーガー。値段は張るが、値段相応の味。
サラダが大盛りで嬉しかった。サメとクラゲは食べなかった。

« 過激すぎるが。 | トップページ | 精度の向上 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4829/1321726

この記事へのトラックバック一覧です: クラゲ:

« 過激すぎるが。 | トップページ | 精度の向上 »