ジモト




Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/30

現実と非現実のハザマ

変なところにリアリティを求める人がいるものだ。別にテレビゲームの中だけで射撃を楽しめばいいのであって、離れたところで実弾が発射されなくても、いっこうに構わないと思うのだが。

ライフルを遠隔操作する実射サイト、米国で物議

生きている鹿を射殺したところで、処分するのは現地の係員だし。撃った獲物は冷凍されて送られてくるのだろうから、別に自分が訴えものでなくても構わないわけだし。

多くの人にとって射撃そのものがゲームである(射撃がシゴトなヒトはこんな議論に参加しない)。ゲーム感覚で射撃ができるようになることが問題なのではなくて、現実と非現実の境界が曖昧になってきていることが問題ではないだろうか。

整理整頓

コンビニで売っているものは、家に常備しない。
そうすれば家の中も少しは片付くかな…。

2004/11/27

引っ越しか?

愛用ブラウザはSleipnir。しかしPC盗難事件もあったし、これを機にFireFoxに乗り換えてみようかと。

FireFoxにどんなエクステンション入れてますか?

2004/11/24

ワセダのFW?

早大のFWが「最強」なのが、いまだに不思議。かつてはBKが自陣ゴールライン際で決死の猛タックルを繰り返し、ハラハラさせてくれた。「横のワセダ、重戦車のケイオウ」という時代。

早大73点!歴史的KO勝ち

2004/11/21

私も含め、ドリルを求め続けるユーザーは少なくないはず。

誰のためのユーザー中心デザイン? - CNET Japan

でもやっぱり間違っている。

遭わなきゃいいが

向こうから降ってくる場合もあるので。「備えあれば」といいたいところだが、メーカー(ディーラー)オプションなら付ける人は増えるかも。

らくなび的に気になる情報: 自家用車向けWitness、値段は3万円程度?

日本交通事故鑑識研究所 □ドライブレコーダー ~ Witness □

事故を調査する人々にとってとても便利なものだから、またケーサツの天下り先を作って普及を謀るというのもアリか。

2004/11/20

盗難

ご愁傷様です。

「Sleipnir」「PictBear」の作者のパソコンが盗難に遭い開発中止に!?

2004/11/16

テガミ

なかなか秀逸。

親愛なるIEへ――お別れの手紙 (1/2)

私はIEと腹違いのSleipnirだが、FireFoxへの乗り換えも考えている。

2004/11/14

Good JoB!

ムスメが福引きで当てた。
//k@i-mode3hmsh0067.jpg

2004/11/09

ムダジニ

…にならなければいいが、フランスも核に関してはかなり開放的だからなぁ。

線路で座り込みの環境活動家、列車にひかれ死亡

もういっちょ、フランスからムダジニネタ。保存種ならもうちっとまともな保護策をとってしかるべきだったのでは?

仏ピレネーのヒグマ、最後のメスをうっかり射殺

不良品

 別に子どもを商品に例えることが不適切だったわけではない。不登校の生徒の人格を否定した発言が不適切だったのだ。

副知事、反省繰り返す

 「切り捨てる意味は含んでいない」が「標準内のものにする努力は必要」だという。その辺の認識がシロウト。「基準以外」も尊重されるべき生命であり一個人であるのだ。そこが規格化されたモノを生産することとの根本的な相違点。副知事という指導者が、この間違いに気付かなければ、「不良品」だ。

 だからって1%の生徒を切り捨てている教育現場を容認するわけではないけれど。

2004/11/04

やっぱり

ブッシュ再選。もう正義ではないことが明らかなのに、何故また指導者になれるのか。それがアメリカ的民主主義なのか?
大義なき殺戮に、どうやって終止符をうつか見物だ。
//k@i-mode

ところで、大義なき殺戮に加担しているうちの軍隊は、いつ撤収するのだろうか?

2004/11/02

自業自得

全く同情の余地なし。先例があったにもかかわらず!

香田さん追悼、若者ら官邸前で集会 自衛隊撤退求め

黙祷は否定しないが、同情する必要もない。
「自衛隊がいなければ日本の青年は殺されていなかった」は勘違いも甚だしい。何某という若者が(戦闘地域だろうが非戦闘地域だろうが危険であることに変わりのない)イラクに行かなければ、あなた方は黙祷をする必要がなかったのだ。

2004/11/01

季節ハズレの

入道雲発見。
//k@i-mode2p32p22onsh0033_i_el.jpg

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »