ジモト




Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« モウソウ | トップページ | 今年は »

2005/12/26

うるう秒

2000年に引き続き、今年もNTTの時報案内はかかりづらくなるのだろうか?
2006年1月1日は1秒遅れに

Now Playing...”Deceiver” by Judas Priest, 2004

« モウソウ | トップページ | 今年は »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

すごい聞いてみたいが、確か100秒前から1/100秒ずつ遅らせるらしいぞ。
あ~今年も一週間無いな~

じゃぁやっぱり時報案内の声も微妙に低くなるのか?

有名アナウンサーの生時報でも良いかな(W
じゃなきゃ11時58分20秒にストップウォッチ押して12時ジャストに61秒になったのを見てほくそ笑む!
管理者さんは晦日まで仕事かな?
おいらはもうすぐおしまいでござんす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4829/7852721

この記事へのトラックバック一覧です: うるう秒:

» 日本では2006年の1月1日は1秒長い [アスピリンカフェでちょっと一息]
2006年1月1日は1秒遅れに 地球の回転によって生じた時間のずれを調整するため 科学者が2006年の開始を1秒遅らせることになった 米国立標準技術研究所が、協定世界時で午前零時になった瞬間に 世界中の原子時計に1秒足すと発表したもの。 23時59分59秒と00時00分00秒の間に 23時59分60秒を挟むとしている。 この結果、今年最後の1分間は61秒となる。 「うるう秒」が採用されるのは7年ぶり。 これは世界標準時の話で日本では世界... [続きを読む]

« モウソウ | トップページ | 今年は »