ジモト




Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 季節外れ | トップページ | 障害者&犯罪者 »

2006/05/30

ここに

世に育まれるべき子どもたちの姿はどのように表現されているのか。子どもたちは「学ばなければいけない存在」ではなく「育まれるべき存在」なのだ。世に愛されている・必要とされている実感を、この小社会に具現化できているのか?
それがなければ、まさにAC生産工場になる。

子どもに必要なのは、「愛されている」「必要とされている」という実感の他にない。経済活動を覚えるのは、社会人11年目・二児の親になってからでも遅くない。

リンク: 仮想の街「キッザニア」日本初上陸…東京・豊洲 : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

もうひとつ、この小社会に「福祉」はどう表現されているのだろう。これは単純な興味。

« 季節外れ | トップページ | 障害者&犯罪者 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

働かざる者食うべからず、の言葉が死語になり、困るのは国や地方公共団体。そのため、どこを見ても、キャリア教育には、力を入れている。そこに金が転がっていないかな?ってビジネスを始めただけの話でしょ。

社会科見学で遊びに行くには、おもしろいかもね。>兄上、その程度のものかと、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4829/10316545

この記事へのトラックバック一覧です: ここに:

« 季節外れ | トップページ | 障害者&犯罪者 »