ジモト




Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ゼロ・トレランス(教師に対する) | トップページ | マウス »

2006/06/17

うちの県じゃないからいいけど

"かつて,本県においては,同和教育に対する誤った考え方から,生徒が問題行動を起こした場合,生徒自身の責任より,問題行動の背景にある社会や大人の責任を重視するということがありました。"

何が「誤った考え方」なのかわからないが、問題行動の背景を探らずして何ができるのか。行動だけに「寛容なく」対処していくことが、果たして教育といえるのか。「毅然とした指導」は、教育者としてもつべき当然の資質で、それができないのは教育者の質に問題があるのであって、システム論で解決はできない。必要なのは「毅然とした指導」と問題行動の背景を探ることができるチカラであり、それを合わせ持ってはじめて「先生」と呼べるのではないか。

まったく、アホらしくてついていけない。

« ゼロ・トレランス(教師に対する) | トップページ | マウス »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4829/10561241

この記事へのトラックバック一覧です: うちの県じゃないからいいけど:

« ゼロ・トレランス(教師に対する) | トップページ | マウス »