ジモト




Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/25

何でもビョーキ

アメリカ症候群やイギリス症候群、トーキョー症候群や横浜症候群もありそう。

日本人旅行者、夢と現実のギャップで「パリ症候群」

2006/10/22

やっぱり

稼がなきゃ社会参加じゃないと思っている人が多い。働くことが社会参加じゃないのか?

障害者福祉に県民85%が関心 県が意識調査

「どうして金を払って働かなきゃいけないんだ!?」という意見がある。しかしまずは働いて、世の中から必要とされる人間になって、その結果稼げればいいじゃないか、と思う。行政から措置という名目で行政処分を受けて、結果的に社会参加の道が阻まれていたではないか。
それに比べれば、なにがしかの金を払ったってそれだけコストがかかるんだと割り切って、立派に社会参加した方が何倍も価値があると思う。

10年かけて20年かけて、働き続けて稼げるようになったら、とてもすばらしいことではないか!

どこだって

似たようなモンだろ。我が国だって山のように障害者の施設を作ってきたし、当のアメリカだって1000人規模の施設があったわけで。

障害者は首都追放…国連報告書、北朝鮮の人権侵害懸念

成熟していない社会をしたり顔で批判するのもどうかと…。

2006/10/11

ヤマケイ買収

高いのか安いのかわからないが、山は高くて渓谷は深い。
インプレスが「山と渓谷社」買収

2006/10/04

ぼろぼろ

自立支援施設 少女が職員暴行

殺されて暴行うけて…。がんばれよ、ほんとに。

2006/10/01

二足歩行

1歳3ヶ月のムスコ、ようやく本格的に歩こうとし始めている。歩けそうなのに歩かない。どうも楽な方に流されている風で、努力が感じられない。ハイハイの方が速いし転ばないし、そりゃまた合理的だけど、やっぱり「そろそろ歩いたら?」と言いたくなってしまう。
歩くことも増えてきて、歩いているときの得意そうな笑顔をみるに、「ほれ、歩くのもなかなかいいだろ?」と思わず言ってしまう。

これが一人目だったら毎晩眠れないほど心配したんだろうなぁと思うと、やっぱりかわいそうな二人目…。

金魚

夏に金魚を5匹買ってきて、ムスメが毎日せっせとエサをやっていた。数週間も経つと、人の足音で寄ってくるようになり、「かわいいねぇ」と言っていたところ、猫にやられてしまいあっけなく全滅。つくばいに浮き草と金魚という組み合わせが罰当たりと言われればそれまでだが。それから一月、懲りずにまた金魚を買ってきた。

喜ぶかなと思いきや、表情が微妙。やっぱり猫にやられたショックは大きいらしく「ふた、買ってきた?」と。ふたも考えたけれど、足音で寄ってくる金魚の姿が見えなくなるのが寂しくて、猫よけのイヤな臭いを出す固形物を使ってみることにした。

「ちっちゃいねぇ」と言いながら、ビニール袋からつくばいに移し、早速エサをやるが一匹も寄ってこない。ちょっぴりさみしいムスメでした。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »