ジモト




Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/11/16

言い分

共稼ぎ、二児は共に0歳から保育園育ち。周りからは「よく入れたね」「良かったね」と言われたし、入れた時は、正直なところ、ホッとした。
世は未曾有の保育園不足。
上のムスメは毎朝3年間泣き続けた。現役保育園児のムスコは、日曜日の夜から、次の休みを心待ちにしている。程度の差こそあれ、どこの家だって、そんなに違わないはずだ。

子どもは、誰一人として、保育園を欲しがってはいない。誰のための保育園を、誰が必要としているのか。
誰のための医療保障なのか、誰のための介護保険なのか…
社会保障は、特定の誰かのためでなく、社会を維持するのに必要なしくみなのだ。クライアントのためのソーシャルワークなんて、ただの幻想なんじゃないか?
前橋に向かう車中にて。

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »